お知らせ

What's New?

 ニュースレター発送 (2009/04/06)
2009年4月6日にニュースレターを発送しました。ASIACT JAPANに住所変更の連絡をしていただいていない方や表札に名前の無い方などは、配達されない可能性がありますのでご了承下さい。会員の方でニュースレターが届かなかった場合は再度送付手続きを致しますのでご連絡下さい。大変申し訳ありませんが、ニュースレターの数に限りがございますので、未着の方は6月30日までにご連絡をお願いします。それ以降にご連絡をいただいた場合には、数量がないため再送が出来ない場合もありますので、予めご了承いただきたいと思います。

 ニュースレター発送 (2009/01/29)
2009年1月29日にニュースレターを発送しました。ASIACT JAPANに住所変更の連絡をしていただいていない方や表札に名前の無い方などは、配達されない可能性がありますのでご了承下さい。会員の方でニュースレターが届かなかった場合は再度送付手続きを致しますのでご連絡下さい。大変申し訳ありませんが、ニュースレターの数に限りがございますので、未着の方は3月31日までにご連絡をお願いします。それ以降にご連絡をいただいた場合には、数量がないため再送が出来ない場合もありますので、予めご了承いただきたいと思います
 ニュースレター (2008/11/25)
11月21日にニュースレターをヤマトメール便にて送付いたしました。ASIACT JAPANに住所変更の連絡をしていただいていない方や表札に名前の無い方などは、配達されない可能性がありますのでご了承下さい。会員の方でニュースレターが届かなかった場合は再度送付手続きを致しますのでご連絡下さい。大変申し訳ありませんが、ニュースレターの数に限りがございますので、未着の方は1月30日までにご連絡をお願いします。それ以降にご連絡をいただいた場合には、数量がないため再送が出来ない場合もありますので、予めご了承いただきたいと思います。
 新トレーニングシステム (2008/08/04)
9月1日から変更されるトレーニングシステムのフローチャートを掲載致しましたので、ご確認下さい。
 ニュースレター (2008/06/25)
6月24日にニュースレターをヤマトメール便にて送付致しました。
ASIACT JAPANに住所変更のお知らせをしていない方や表札に名前がない方などは、配達されない場合がありますのでご注意下さい。会員の方でニュースレターが届かなかった場合は再度送付手続きを行いますのでご連絡下さい。大変申し訳ございませんが、ニュースレターの数に限りがございますので、8月31日までに不着のご連絡をいただけない場合には再送が出来なくなる場合もございますので、予めご了承いただきたいと思います。
 レベル4ワーク提出方法について (2008/06/04)
レベル4ワーク提出についてのお問い合わせが増えてきておりますので、イギリスから指定されている提出方法を掲載いたします。(レベル4ワーク提出方法の項目をご覧下さい。)
これは2006年のニュースレターにも掲載されておりますが、ご覧になっていない方もいらっしゃるようですので今一度ホームページ上でお知らせ致します。ひとつのファイルに綴じられていなかったり、コンサルテーションシートに色が塗られていないものが多く見受けられますが、そういった場合は審査前に返却させていただきますので、予めご了承下さい。また、審査は提出された順に行っておりますので、いかなる理由があっても優先的に審査を行うようなことはしておりません。レベル4ワークが合格しなければ受講できないコースもありますので、くれぐれも提出には時間的余裕をもっていただきますようにお願いします。
 プレゼンターコースのタイトル変更 (2008/01/23)
2008年3月よりプレゼンターコースの呼び方が変更になります。
今後はWパーソナルプレゼンテーションスキルコースWとなります。呼び方は変わりますがコース内容はそのままとの事です。
 ボトル誕生 (2007/10/23)
106番のボトルが誕生しました。

Name - Archangel Ratziel
B106 - Misty pale Olive/Misty Lilac
Born - 22nd October 2007 at 3.19pm

詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.aura-soma.net/downloads/106_Japanese.html
 プレゼンターコース受講について (2007/09/18)
プレゼンターコース受講希望の方へ
プレゼンターコース受講の前提条件はプラクティショナー登録をされている事ですが、今までのプレゼンターコースはティーチャーが少なくコース開催もとても少なかった為、受講するのが難しいコースでした。その為ASIACT JAPANとしては、特別措置としてプラクティショナー登録が完了せず、申請中であっても受講を許可してまいりましたが、現在はティーチャーも増え、コースも頻繁に開催出来るようになりましたので、前提条件の特別措置を廃止し、従来の前提条件に戻す形を取りました。プレゼンターコースを受講する方は、プラクティショナー登録を完了していただくようにお願いします。

プレゼンターコース受講のための前提条件

1.プラクティショナー登録が完了していること
2.レベル2コース受講後2ヶ月以上経過していること
 ニュースレター (2007/08/13)
8月13日に今年初めてのニュースレターをヤマトメール便にて発送いたしました。
準会員、プラクティショナー、ティーチャー登録をされている方でニュースレターが届かない方はご連絡下さい。
ヤマトメール便は通常郵便と違い、住所移転をした方の転居先までは届きません。ASIACT JAPANに住所変更の連絡をされていない方は必ず変更届を提出していただくようにお願いします。
 コンサルテーションシート購入用紙 (2007/08/06)
コンサルテーションシート購入用紙がダウンロードできるようになりました。コンサルテーションシートを購入希望の方は、専用用紙をダウンロードして、必要事項をご記入の上、ASIACT JAPANまで郵送にてお送り下さい。尚、購入方法は用紙に記載されていますのでよくお読み頂くようにお願いします。1冊は60枚綴りになっております。
 2007年ティーチャーレベル1受講時の必須条件 (2007/07/12)
ティーチャーレベル1を受講される時の必須条件は次の通りになりますので、必ずご確認の上、お申込をお願いします。

1. レベル4ワークが合格されている事
2. ブリッジコースとレベル4が修了していること
3. プラクティショナーである事
4. ティーチャーレベル1受講の半年以内にファンデーションの再受講をする事
 シェアリングディシート (2007/01/12)
シェアリングディシートがホームページからダウンロード出来る様になりました。お手元に用紙が無い方は、W各種用紙ダウンロードWをクリックしてください。
シェアリングディでプラクティショナー更新をされる方は、1年間に6時間以上毎年受講してください。1年間とは、各自のプラクティショナー有効期限を基準にします。
 ニュースレター配布 (2006/12/18)
2006年12月18日に、最新のニュースレターを郵送いたしました。ASIACT会員の方でニュースレターが届かない場合はASIACTまでご連絡下さい。また、郵送方法はヤマトのメール便です。郵便局と違って、住所が変更されている方は転居先まで届きませんので変更があった場合は必ず変更届を提出してください。まれに、ご自宅に表札が出ていない時も返却されてしまう事がありますので予めご了承下さい。
 年末年始休業のお知らせ (2006/12/01)
2006年12月30日より2007年1月8日まで年末年始のため休業となります。その為、12月に準会員・プラクティショナー登録申請用紙を提出される方は、通常よりも手続きに時間がかかると思いますので予めご了承下さい。
 よくある質問 (2006/10/31)
ASIACTによく寄せられる質問をまとめました。
ASIACTへご質問をされる前に一度お読み下さい。
 新コンサルテーションシート完成 (2006/10/24)
新しいコンサルテーションシートが完成しました。今回のシートは複写式になっています。裏表紙に付いている厚紙が下敷きになっていますので間に挟んでご使用下さい。11月1日より販売開始します。販売価格は1冊800円になります。(別途送料一律400円がかかります。)ご希望の方は必要冊数と送料を併せた金額を切手にしてASIACTまで郵送下さい。到着後に佐川急便にて発送いたします。また、このコンサルテーションシートはレベル4ワーク提出用シートでもあります。旧式のコンサルテーションをお持ちの方はそれが無くなるまで新しいシートに変える必要はありません。
 シェアリングディでプラクティショナー更新をされる方へ (2006/09/01)
シェアリングディを受講してプラクティショナー更新をされる方の中には更新条件をきちんと把握ていないために更新が出来ない方も多々いらっしゃいますので、下記条件をご確認の上更新手続きを行ってください。

1. シェアリングディは必ず1年ごとに6時間以上受講し、2年間で12時間以上になるように受講する
2. 1年とは、IDカードに記載されている有効期限を基準にします。
   《例》有効期限が2006年9月1日の場合
   2004年9月〜2005年8月の間に6時間以上受講
   2005年9月〜2006年8月の間に6時間以上受講
上記の《例》のように受講してください。また、1年間にまとめて12時間以上受講しても、翌年の受講が6時間未満であった場合は更新出来ませんのでよく確認して受講をするようにして下さい。
 レベル4ワークを提出する方へ (2006/09/01)
レベル4ワークをASIACTへ提出する時には下記の様にお願いします。

1. 全てのワークを1つのファイルにまとめる。
2. 最初のページに名前、住所、IDナンバー、日付を必ず記載すること
3. 解剖学またはカウンセリングスキルの修了証のコピーをワークの最後に添付すること
4. 可能であればワークのパート1、パート2はワープロで打つこと ワークが印刷されずにCDやフロッピーのみの提出は受付ません
5. 60件のコンサルテーションのボトルには必ず色を塗ること
6. ワークの本文に参照した全ての文献と著者を一覧にしたW参考文献一覧Wを必ず添付すること
7. パート1中の内分泌系の質問は必要事項から削除されました。

上記の条件が全て満たされていない方のワークは受付ませんので返却させていただきます。また、2006年5月に発行したニュースレターに詳しく掲載されてますので、そちらもご覧下さい。
 プレゼンターコース受講希望の方へ (2006/08/31)
プレゼンターコースはASIACT認定プラクティショナーでなければ受講することが出来ません。その為、プレゼンターコースを受講するために急いでプラクティショナー登録をされる方もいらっしゃると思いますが、今現在、登録手続き完了まで1ヶ月半程の時間がかかります。もちろん手続きが完了してからでなければコースを受講する事が出来ませんので、プラクティショナー登録は余裕をもってするようにお願いします。
 各種用紙ダウンロードについて (2006/08/22)
8月21日から、変更届がダウンロード出来る様になりました。
ASIACTへ登録してある情報に変更があった場合は、この用紙に変更事項を記載して、郵送またはFAXにてご連絡下さい。
また、近日中にシェアリングディの用紙もダウンロード出来る様に致します。
 ASIACT JAPAN移転のお知らせ (2006/07/28)
ASIACT JAPANは7月18日に移転いたしました。今後の書類の発送やお問い合わせのお電話などは下記までお願いします。

〒107-0061 東京都港区北青山3-5-17 R&M 401
TEL/FAX : 03-5772-7742
 新規ティーチャー登録を希望される方へ (2006/07/28)
ティーチャー活動を行えるのは、ASIACTのティーチャー登録手続きを完了して、ティーチャー活動資格証明書がお手元に届いた後になります。届く前ではコースを開催することが出来ません。ティーチャー登録手続き完了までには1ヶ月半〜2ヶ月程かかりますが、これはあくまでも目安です。コース開催予定は活動資格書が届いてから立てるようにして下さい。
 口座変更のお知らせ (2006/06/28)
今まではイギリスのASIACT UKへお支払いいただいておりましたが、2006年6月28日よりThe Academyへ口座名が変更致しました。クレジットカードでの決済、お振込は下記口座へお支払いください。ご不明な点がございましたらお電話、FAX、E-mailにてお問い合わせください。(ASIACTへのお支払いとはプラクティショナー登録費用、プラクティショナー更新費用、レベル4論文審査料等のことです)

@クレジットカードでの決済の場合
用紙に下記の内容をご記入いただき、申請用紙とともにご提出ください。

1、クレジットカードの種類
2、カード記載のお名前(アルファベット)
3、カードナンバー
4、有効期限
5、金額
6、以上の内容にて決済することを承認頂いたというご署名

A銀行へ海外送金の場合
下記の送金先へ先にご送金されてから、次の内容を申請用紙とともにご提出ください。

1、ご送金日
2、金額
3、ご送金のお名前

<ご送金先>

銀行名:Barclays Bank PLC
銀行住所:65Lumley Road Skegness Lines PE25 3LU
口座名義(Account Name):The Academy       
       Sort Code:20 52 78
口座番号(Account No.):90737909
国際口座番号(IBAN Code): GB97 BARC 2052 7890 7379 09
SWIFT BIC BARC GB22

A.S.I.A.C.T.住所:Dev Aura, Little London, Tetford
          Horncastle, Lincolnshir,LN9 6QL
電話番号:01507 533 218
 ニュースレター配布 (2006/05/25)
最新のニュースレターを配布しました。ASIACTで会員登録をされている方で、まだニュースレターが届いていない方はASIACTまでご連絡下さい。尚、ニュースレターに掲載されているWニュースレターのバックナンバーWですが、日本ではバックナンバーは扱っておりませんのでご注意下さい。
 ニュースレター配布 (2006/03/31)
2006年3月に最新のニュースレターを送付いたしました。ASIACTへ会員登録をされている方でまだニュースレターが届いていない方はASIACTへご連絡下さい。送付致します。
 for 全受講生 B105 大天使アズラエル誕生 (2006/03/13)
2006年3月8日 新しいボトルが誕生しました。

大天使アズラエル (Archangel Azreal)
B105 – Coral/Coral
誕生―2006年3月8日午後3時22分生


Dear Friends,

ここテッドフォードで、今日の午後3時22分に、大天使アズラエルが誕生したことをお伝えできてとてもうれしく思います。

他のボトルたちとは違って、この誕生にはとても時間がかかりました。実際には、私の誕生日である昨日からそのプロセスは始まりました。それは昨日の午後から始まり、夜通し続いて、そして誕生は今日の午後にその頂点に達しました。

カマエルと同様に、オーパレッセントあるいは、イリデッセントのテーマがこのボトルにも進展していることがあなたにも分かるでしょう。コーラルの素晴らしいヒュー(色相)の色は、オーラ‐ソーマのシステムの中で長い間その誕生が待たれたもので、この誕生は温かく迎えられています。アズラエルは、無名の(名を隠した)大天使として呼ばれたり、称されることがあります。これから数ヶ月にわたって、アズラエルの実際の理解については、さらにたくさんの情報が届くことでしょう。

今日の午後、彼が望むことは、そのエネルギーが、第一チャクラと第二チャクラの間にある、受容性の最も女性的な側面の中で、女神のエネルギーを伴って明らかにされ、ありのままを見られることです。現時点で、バランスと明晰性を必要とするエネルギーに関して、これはとても助けとなります。このエネルギーは、女神の具体化と、私たちに内在する女神を明らかにし、彼女の存在に気づくことの両方に関連しています。

ある意味では、それは人種と遺伝の系統の中にあるショックや、差別の問題を癒すことです。今こそ多くの人にとって長い間求められてきたもの、困難な旅の後にその理解と全体性が起こる機会があるのです。

今、105の理解に私たちは至ります。105は自己に内在する影に取り組むことのできるボトルです。自分の内側にあって、私たちが無視している、今まで否定され、ノーを言って抑圧している何かと関連しています。このボトルは、ヒーリングの機会と、影に取り組むことで全体になる機会を与えるでしょう。そして新しい洞察と理解、存在の新しい至福が私たちに訪れるかもしれません。

アズラエルは、遺伝構造に内在しているカルマの種の理解の感覚をもたらします。そして、自分の内側の最も深いレベルにある男性性と女性性が一つになる、内なる合一の感覚をもたらします。その細胞レベルで、あなたは細胞の気づきと意識を得ます。生死の間にある状態、眠りと目覚めの間にある状態の中で意識を得ます。この合間の状態が、このコーラルのエネルギー、アズラエルのエネルギーが語ろうとしている何かです。自己の中で一体化に至る感覚もまたそこにあります。アズラエルは自己の一体化の理解をもたらします。

確かに恩寵(grace)が訪れています。アズラエルの誕生につながる雨が、ここテッドフォードでは約24時間降っています。この雨の前には 強烈な青空が数日続き、コーラルのエネルギーが現れることを可能にした明晰性をもたらす期間がありました。それから、雨の中の恩寵という形でそれが降りてきました。そして辺りは、誕生前の意識を覆った濃い霧で包まれました。 今私たちは、その順序とタイミングに関連して、多くの困難への新しい理解に至る機会を持っています。

これは心からの喜びであり、至福の可能性です。そしてアズラエルが現時点でこれを私たちにもたらしているのです。そしてまた、私たちが二元性を超えて、過去と同様にひどく分離感を恐れることを克服していく助けです。それによって、相手の目で見て、相手の見方をさらに理解することができます。

2006年、3月初旬、水曜の午後の最初の見解

With much love, as ever



Mike

 for プラクティショナー 更新について (2005/05/19)
*プラクティショナーの登録更新は、プラクティショナーの登録期間2年以内に更新プロセスとして認定されたいずれかのコースにご参加して頂く必要があります。ご登録されてから更新プロセスとして認定されたいずれのコースにもご参加されていない場合は更新することができませんので、その場合は更新プロセスに参加された後に再度ご登録していただくことになります。
*更新プロセスとして認められるもの
・さらに上のコースを受講
・現在のレベルまでのいずれかのコースの再受講
(再受講の場合は、書式は特に決まっておりませんが先生から再受講証明書を頂いてください)
・マイクによって教えられた全てのコース(12時間以上)
(更新の際に必ず修了書のコピーを添付してください)
・リニューアルコース
(更新の際に必ず修了書のコピーを添付してください)
・シェアリングデイ
(1年間で6時間までが更新プロセス対象です。2年間で12時間受講してください。更新の際はシェアリングデイレコードシートを添付してください)
*プラクティショナーの方々には、更新期限が切れる1ヶ月程以前に更新プロセス参加報告書とオーラソーマ活動資格証明書申請用紙を郵送させて頂きます。必要事項を記入の上、さらに上のコースを受講された方以外は添付書類と共に事務局宛郵送してくださいますようお願いいたします。

 for 全受講生 B104大天使カマエル誕生 (2004/11/05)
2004年10月6日 新しいボトルが誕生いたしました。

大天使カマエル(Archangel Chamael)
B104 虹色に輝くピンク/マジェンタ
B104-Iridescent Pink/Magenta
2004年10月6日9:15生

第七の光に属する ピンクまたはルビーの輝き
愛、賞賛、感謝
またゲッセマネの園を連想させる
カマエルはハートを強める

2004年10月6日9時15分、大天使カマエル ―虹色に輝くピンク/マジェンタが生まれました。これは私たちの生きるこの時代を表わす、並外れた組み合わせです。愛と争いの間に解決をもたらす存在として、カマエルはおとめ座、火星、そして水曜日に帰属します。

彼はこの惑星内部の女性的側面を解明し表現するために現われました。彼が特に気にかけるのはアンデスのエネルギーであり、それがどのように虹色の大蛇として現われ、女性的側面とからみながらこの惑星を循環するのかということです。自分自身と深くワークすれば人は自分自身をあるがままに受け入れる代わりに、自分という舞台の上で起きている出来事に対して批判したり裁いたりしたくなる時や場というものがあります。私たちはまるで自分が「あるがままの自分」から距離を置いて、分離した自分になれるかのような、間違った感覚を持つことがあるのです。

このような時カマエルは偏らない視点を提供し、自己探求の深い文脈のなかで、女性的受容性により深く入っていくことを助けます。

上層にあるピンクのエネルギーは執着を落とすことに関わると同時に、その内に真珠母(螺鈿)のエネルギーもまた秘めています。真珠母は自己の内部のどこかに分裂がある時に生じる苦しみです。その苦しみは私たちの欲望、満たされることのなかった望み、によって生じます。その苦しみはまた、より深い次元での自己受容をもたらすことによって、ピンクのエネルギーが「同一化」によって起きる苦しみを軽減する助けとなる方法でもあります。

*  Clara Clement (著) 1898 “Angels in Art” によればカマエルはゲッセマネの園で苦しむキリストの前に現れた天使とされている。

ここで言う「同一化」とは、私たちが自分や他人を裁いたり否定したりする時にはいつでも、その分裂状態に「私が…」という言葉を持ち込んでいることを指しています。神聖な統率者たる権天使としてのカマエルは、私たちが善なる意図を伝えるのを助けるために出現します。自分自身を相手としてワークする場合に、カマエルは善なる意図を伝える使者となります。彼はすべての大天使を率いるリーダーとして、時に「美徳の王子」と称されることもあります。

大天使に関連するより一般的なコメント: 大天使は1ミリセカンド以下の時間で、宇宙の一方の端から他方の端まで移動できるといわれています。同じように、この何百万光年といったコンセプトについて考えてみれば、それは私たちの必要を超越した可能性です。私たちがその存在に心を開きさえすれば、大天使はそのような必要を満たすためにそこに存在するということです。この意味では、自分自身を相手にワークを「演じる」場合、私たちと私たちの支えとして利用可能なエネルギーの間にさえぎるものが無ければ無いほど、それだけ大天使は私たちと共にあるといえるでしょう。

多くの時間と困難をともなって生み出されたカマエルのタイミングは、真珠母のエネルギーとは異なったところでさらにいま一つの虹色の要素、すなわち銀とのつながりをもっています。浮遊する銀の色は女性的な直感がより意識的になることを助けます。自己の内部のより深い受容性の観点から理解と光明をふたたび呼び起こすことを通し、ピンクのエネルギーの中にあるこの要素は、女性性に関して深い癒しの可能性を秘めています。

神の玉座に従う七人の大天使の一人として、カマエルは「神が高き者たちのさらに上におかれた聖なる天使のひとり」と讃えられています。かれはボルチの黙示録にあらわれてセナカリブの軍勢を打ち破ったとされるのと同じ大天使です。

これら大天使は都市、空港、駅、祈りの場、神聖な空間さらには国家を、その必要に応じて特に守護する神の恩寵をもたらすといわれています。

父にして母である神のハートと愛、その女性的次元であるカマエルは、ハートが発達しハートのエメラルドが開花するのを助けるでしょう。ここで問われる質は慈悲(真の感情)、よりよきコミュニケーション、自分に対する愛と他人に向ける愛とのバランスといったものです。

対立をかかえた人々との間にたって、核家族内部の分裂を癒し、対立を克服し、調和を回復します。

天国の門番。

物理的な次元では光を生み出すものとして存在するカマエルは、光の波動として恒星や星雲と直接に交信します。他の特性としては自制心、人間関係において満足を知ること、幸せと喜び、万物における美。

カマエルという名の意味は「神の存在を証言する者」。

戦車を駆る戦士ゲブラーのイメージにも擬せられます。

天国の守護者として、かれに従う幾百千万もの天使を率いているとされます。

アイルランドのミース州にあるタラの丘がカマエルのワークの焦点となる土地です。タラは異なる世界への入り口と言われています。

想像を絶するほどパワフル。押し寄せる変容のパワーのなかで、リラックスすればするほど自分との闘争や葛藤が克服されていきます。カマエルは鳥類のコマドリ、樹木のレッドメープルにも擬せられます。

旅と長続きする平和のセンスを持つ射手座の特性もまた、カマエルに属するものとされています。

この104番ボトルは射手座のボトル14番(クリヤー/ゴールド)であると同時に、獅子座のボトル5番(イエロー/レッド)でもあります。したがってヴィッキーもまたこのボトルを通して祝福を送っているわけです。

クチナシの香り。カマエルは健康と安らぎの守り手です。私たちが自分の中の暴力を手放し、葛藤を克服し、より簡単に執着を去ることができるように助けます。

カマエルのメッセージ ―「信頼せよ。そしてすべては完全であると知れ」。すべてがそれと反対に見える時ですら、いくら試みても思いどおりにならない時ですら、「何事もただあるがままに存在する」。

愛と光をこめて。

Mike Booth

 For 全受講生 準会員登録について (2005/5/18)
* プラクティショナーニュースレターと最新の情報だけを入手したいと願う受講生に向けて、オーラソーマプラクティショナー準会員登録を受け付けることができます。

* これはプラクティショナー正会員のようにオーラソーマを一般に向けて活動を許可するものには値せず、あくまでも情報だけを知りたい方のためのものです。
レベル1ないしレベル2を終了し、一般を対象に活動していない受講生が、ASIACTやオーラソーマの教育内容改訂に関する最新の情報を、プラクティショナーと同様に定期的に提供を受けることが出来ます。

* オーラソーマプラクティショナー準会員登録方法
  「プラクティショナー準会員申請届」を、ご卒業のティーチャー、またはASIACTJapan事務局にお申し付け下さい。
  年会費3800円の支払い方法(イギリスへの銀行送金又はクレジットカード)を用紙にご記入の上、ASIACTJapan事務局へ送付下さい。

 For ティーチャー ティーチャー資格証明について (2002/01/15)
2002年1月よりティ-チャーシステムが施行されました。ティーチャーとして活動される方は、アカデミーが発行するティーチャー資格証明書が必要です。
登録がお済でない方は至急登録をお願いします。

前ページTOPページ次ページ