ASIACTについて

Welcome to the Academy
 

ASIACT (Art & Science International Academy of Colour Technologies Japan )

 オーラソーマ・カラーシステムは1983年にイギリスのヴィッキー・ウォールによって、インスピレーションとして受け取られました。ヴィッキー・ウォールは、1991年に亡くなるまで、同僚のマイク・ブースとともにそのインスピレーションに導かれ、オーラソーマの発展にたずさわりました。彼女の後継者であるマイク・ブースと彼の妻クローデイア・ブース、そしてヴイツキー・ウォールの生涯の友マーガレット・コクペインは、オーラソーマが開花するように配慮し、その責任者となることを引き受け、現在にいたっています。彼らは共に、人々がお互いを配慮しあい、自分たちが住んでいる世界を配慮するという、人間が本来内側に潜在的に持っている大いなる気づきを啓発するというヴイジョンを持って、オーラソーマの発展に人生を捧げています。

 オーラソーマの成長の中心となるものは、教育プログラムの発達にあり、それは特に、オーラソーマの哲学と実践に重きをおきながら、「色彩の言語」と「意識」を受講生に教えるものです。同僚であり友人でもあるドミニク・ヨーマンと世界中のオーラソーマのティーチヤー達の支援を受け、トレーニングは洗練され、より確固たる基盤が形成されてきています。

1997年7月、トレーニングの保護と発展の責任は、ある教育団体が担うことになりました。この団体が「ASIACT Art & Science International Academy of Colour Technologies Japan」(以下アカデミーとする)です。アカデミーは英国に登録された慈善団体(登録番号1063855)であり、カラーセラピーの教育と理解を促進することを第一の目的としています。アカデトはトレーニングを監督し、教育、色彩、意識のより広い領域のなかにトレーニングを配置します。アカデミーはオーラソーマ・カラーシステムの監督と教育をコントロール、指導し、それぞれのオーラソーマの受講生とプラクティショナーは、アカデミーとのつながりをもちます。

Principal - Mike Booth
 
校長 − マイク・ブース

所在地
イギリス本校(デブ・オーラ

Dev-Aura Little London Tedford Horncastle Lincoinshire LN9 6QL UK

 

日本支部 AS I ACT Japan


AS I ACT Japanは日本におけるASIACTの活動の実務を執行する組織です。プラクティショナーガイドに従い、以下の業務を行います。
 
構成と機能
コースディレクター: ティーチャーズコース、及びアカデミー主催のコースの際にアカデミー・ジャパンの構成メンバーの中からコースごとに任命されます。
プラクティショナー
 コーディネーター:
プラクティショナーからの間合せや、ブラクティショナーに関する一般の方々からの問合せに応えます。アカデミーを構成するメンバーが担当し、このメンバーは2年ごとに選出されます。
登録事務官: 日本におけるプラクティショナーの登録と受講生の登録の管理を行います。
入学事務官: 各ティーチャーあるいは、オーガナイザーが行い、アカデミー・ジャパンが登録作業をします。
アカデミー・ジャパン・
 オフィススタッフ:
運営全般と事務業務。(アカデミー・ジャパンのスタッフ)
オーラ・ソーマ・
 ティーチャー・ネットワーク:
規範、指導、実施の向上のためアカデミーとともに活動します。

主な業務内容:

  1. プラクティショナー、ティーチャーの登録、更新手続
  2. オーラ・ソーマコース受講生の登録、手続と修了書発行手配
  3. コースワークブック及ぴガイドブック等の販売
  4. アカデミー・イングランドからの情報を提供する(年3〜5回)
  5. アカデミー許認可講座の認定と開催及び後援
  6. ティーチャーズミーティング及びコンファレンスの開催
  7. その他、アカデミー・イングランドの業務の日本における委託業務
  8. ホームページの運営

■プラクティショナー登録について(プラクティショナー登録が可能なのはコースレベル2以上の修了生です)
プラクティショナー登録をご希望の方は、プラクティショナーガイドをよくお読みのうえ、<AURA-SOMA登録書、プラクティショナー登録用紙と開業資格証明書申請用紙>を返送し、登録料をお振り込みください。書類が整い次第、ASIACT.UKより開業資格証明書がお手元に届くようになります。またAS I ACT JapanからプラクティショナーIDカードとコンサルテーション情報シート30枚をお届けします。
もし、プラクティショナーガイドと必要書類がお手元にない場合アカデミーまでご連絡下さい。

■ティーチャー資格証明について
2002年1月よりティーチャーシステムが施行されました。ティーチャーとして活動される方は、アカデミーが発行するティーチャー資格証明書が必要です。登録がお済でない方は至急登録をお願いします。

 

■準会員登録について
プラクティショナー正会員のようにオーラソーマを一般に向けて活動を許可するものには値せず、あくまでも情報だけを知りたい方のためのものです。レベル1ないしレベル2を終了し、一般を対象に活動していない受講生が、ASIACTやオーラソーマの教育内容改訂に関する最新の情報を、プラクティショナーと同様に定期的に提供を受けることが出来ます。
* オーラソーマプラクティショナー準会員登録方法
  「プラクティショナー準会員申請届」を、ご卒業のティーチャー、またはASIACTJapan事務局にお申し付け下さい。

  AS I ACT Japan

〒153-0043 東京都目黒区東山2-10-13-104
E-mail:japan@asiact.org


ASIACTホームページのご案内(2002/01/15)

ASIACT Homepage ( http://www.asiact.org ) は、オーラソーマやカラープラクティショナーの活動を社会全般に伝えると共に、ASIACTメンバーの活動を補助するために開設されました。

その目的は主に、

 1.オーラソーマやカラーセラピー、コンサルテーションやセミナーの広報

 2.開業プラクティショナー全員の紹介(ただし情報公開希望者のみ)

 3.ティーチャー全員の紹介(ただし情報公開希望者のみ)

 4.会員の主催・講演するセミナー、イベントの紹介(自由登録)

 5.ユーザーと会員のコミュニケーション

にあります。

また、アカデミーは教育機関として、プロダクツを扱うAura-Soma社とは独立して活動しており、ホームページも同じです。そのため、プロダクツに関する記載は行われていません。

 

日本語版ホームページの運営にあたって

アカデミー本部のホームページ ASIACT Homepageは全てのアカデミー会員が利用できるように、イギリス デブ・オーラから世界に向けて発信されています。しかし、アカデミーのホームページはアルファベット言語圏を対象に作られているため日本語を表示することが出来ず、日本の会員のサポートやユーザーの利用に向いていないという欠点があります。

そこでAS I ACT Japanでは日本語ユーザのために、日本語版ホームページを独自に開発いたしました。内容は英語版ホームページに即したものですが、日本の状況に合わせ内容を一部変更し、会員管理のデータベースも独自に運営・管理しており、他国に先駆け多彩なサービスを受けられるようになっています。

▼コンタクト

     

 

Copyright (C) AS I ACT Japan 不許転載 ▲home